刺激で痒みがでない入浴剤「華密恋 カミツレン」

アトピー性皮膚炎で辛いことと言えば、お風呂に入った時にお湯に掻き壊した傷がしみることと、お風呂あがりに乾燥して痒みが増すことなどでしょうか。

入浴

体温が上がったことで痒みが増えるということもありますが、汗を洗い流すことは、肌への刺激を無くすということからも大事なので、入浴しないわけにはいかないのが辛い所ではあります。

 

また、体温が1度下がれば免疫力が30%落ちてしまうということですから、できるだけ体温をアップさせるためにも入浴というのは、アレルギーには非常に効果的なのですが・・・。

 

お風呂にはいって温まりたいけど、そのあとのかゆみのことを考えると億劫になってしまう・・・・これがアトピー患者のジレンマになっているんですね。

 

私の場合は、とにかく1週間は頑張って入浴を続けるという方法をとっていました。最初の2〜3日は痒みがかなりでて辛かったですが、その後は少しづつ体温が上がっても痒みがひどくなることは無くなっていったので、やはり「いかに最初のかゆみを乗り越えることが出来るか?」が問題になってくると思うのです。

 

冬場には強い乾燥を防ぐということからも、刺激がなく保湿をしっかりしてくれる入浴剤というのが、大きな役割を果たしてくれます。

華密恋という入浴剤

私は、塩素を中和するために、ビタミンCの粉末を小さじ1杯入れた浴槽に、この入浴剤をキャップ1杯分(50ml)を入れて入浴しています。

 

華密恋

 

敏感肌でお悩みの方必見→薬用入浴剤『華密恋』

 

ほのかなカモミールの香りがするのですが、気にしなければ無臭に感じられるほどです。

 

肌への刺激もゼロに近いので、お湯のピリピリ感が刺激になって痒みが出るということも無いです。これは、抗菌・消炎・保湿作用に優れたカモミールエキスのおかげなんでしょうね。

 

血行がよくなる効果もありますので、手足の冷えも改善されていきます。

 

アトピーにとって血行がよくなるというのは、

 

摂取した栄養が体全体に行き渡る

 

ということにつながりますから、落屑していた皮膚も少しづつ改善されていきます。カサカサの肌で粉が吹いたようになるというのは、そこの部分に栄養がしっかり行き届いていないということなんですね。ですから、タンパク質と鉄分(ヘム鉄)、ビタミンCやBなどをしっかり摂って、血行をアップさせていくことで肌状態は改善されていきます。

 

皮膚になる原料をきちんと体中に運ぶことが大事なわけです。冷え性の場合は血行が悪いということが言えますから、せっかく十分な栄養をとっていても、それが体のすみずみまで運ばれていないことがほとんどです。これでは健康的な皮膚が作れないですよね。

 

なので、入浴で体温をあげ血行をよくしてあげることが、アトピー改善への近道といえるんですね。

 

カモミール100%の濃密入浴剤『華密恋』を購入すると、下記の2つのおまけがついてきます。

 

【カミツレエキス配合のミニソープ(17g)】

 

華密恋ミニソープ

華密恋ミニソープ

 

【泡だてネット(600円の製品)】

 

華密恋泡だてネット

 

お風呂あがりの痒みが確実に軽減されて、体温上昇による免疫力アップを期待できる入浴剤はなかなかありませんが、華密恋は実際に使ってみて、かなり気に入っています。

 

有機肥料で栽培したカモミール使用なので、赤ちゃんや小さいお子さんにも使えますよ!

 

子ども用